睡眠不足やストレスが女性の薄毛原因に

女性の薄毛原因によく挙げられるのが、睡眠不足とストレスです。

睡眠は健康に大きく関与するもので、一日の疲れを取るのに最も大事なものです。

睡眠というのは身体の疲れを取るだけでなく、毛髪や頭皮の疲労を癒す作用があります。

そのため、睡眠を十分にとらないと、毛髪は疲労し、薄毛の原因になります。

疲労によって毛髪のエネルギー不足が続くと、薄毛をどんどん促進することになります。

睡眠は毛髪の成長促進に大事な役割を担っていて、成長ホルモンを分泌させる働きがあります。

副交感神経を活発化するには、神経が最もリラックスした状態にあることが重要で、そうした状態こそが睡眠状態なのです。

身体を横に倒すだけで頭皮の血流が促進され、栄養分が運ばれやすくなります。

睡眠不足は身体の健康を損ねる大きな要因であると共に、女性の薄毛の大きな原因の一つでもあるのです。

女性の薄毛には、ストレスも大きく関わっていて、仕事での人間関係や家事育児、近所づきあいなど、女性は男性以上にストレスが溜まりやすいと言われています。

ストレス過多になると自律神経のバランスが崩れ、血液の流れが悪くなり、栄養分を毛髪に送れなくなります。

その結果、毛髪に栄養が不足し、細くて抜けやすい髪質に変化し、薄毛の原因になってしまうのです。

無添加マイナチュレ・シャンプー